Cryptobiosis of Annatto60

アナトー・シキソのクリプトビオシス

抜き書き/切り抜き

大黒

大黒(だいこく)=僧侶の妻

喝(かつ)

「喝」は、もと禅宗で、死者に引導を渡すときに、大きな声をかけること。 (三省堂「ことわざの辞典」)

ゴーストフィッシング

海底でゴミになった漁具に魚が引っかかること。 (NHKラジオ)

鑑真の眼

鑑真(ガンジン)は、日本に来たときには眼が見えていた(日本に来てから鑑真が自分で書いた手紙が正倉院に残っている)。日本に居た晩年に眼が見えなくなった。(NHKラジオ)

ゆ党

50音での「や(野党)」と「よ(与党)」の間で、与党でも野党でもない、中途半端な位置の党という意味。 (東洋経済オンライン)

ブルドッグと帝王切開

ブルドッグは頭が大きくなり過ぎて、自然分娩では子供を産むことが出来ず、帝王切開をしなければならない。人間が絶滅すればブルドッグも絶滅する。(リチャード・ドーキンス『進化とは何か』)

イッテルビウム光格子時計

絶対零度に近い温度に冷やされたイッテルビウム原子にレーザー光を当てると、一秒間に518兆回の周波数で振動する。その振動を時間の計測に使う。 (Eテレ「モーガン・フリーマン 時空を超えて」)

ダークネット

多くの場合、専用のパスワードや特定のソフトがないと閲覧できないサイトで、武器や麻薬、企業の機密情報の闇取り引きなどに利用されている。(NHKニュース) *もともとは、膨大な数のIPアドレスのうちで、まだ特定のホストを割り当てられていないIPアドレ…

ピテカントロプス

「ピテカントロプス」は、「ピテク」が「猿」で「アントロポス」が「人間」、すなわち「猿人間」のこと。(NHKラジオ)

アフリカのバク

バクがアフリカに出現したことはない。『2001年宇宙の旅』の冒頭部分で、ヒトの祖先がバクを駆る場面は、キューブリックのちょっとした間違いである。(「ドーキンス自伝2」)

カツオの縞

まな板の上で見かけるカツオはみんな横縞だが、海の中でエサを追い回しているカツオは全て縦縞。腹が減ってコーフンすると、カツオは縦縞になるのだ。(NHKスペシャル『黒潮』)

黒潮は大渦

黒潮は日本近海で巨大な渦を作る。この渦が海底の栄養分を巻き上げ、栄養豊富な海=豊かな漁場になる。(NHKスペシャル『黒潮』)

カツオの幼魚の歯

カツオの幼魚には鋭い歯が生えている。海の砂漠といわれる南太平洋で生き残るために共食いをするのだ。(NHKスペシャル『黒潮』)

カイアシ

【カイアシ】「海のお米」と呼ばれる動物プランクトン。カツオの大好物。脂肪とたんぱく質の塊。(NHKスペシャル『黒潮』

黒足袋、白足袋

御悔やみの言葉がうまく云えない時は、よく聞き取れない感じでモグモグと「黒足袋、白足袋」と云えばいい。(NHKラジオ)

カボチャ

カンボジアがなまってカボチャになった。 (テレビ東京『和風総本家』)

ジェット気流の発見

ジェット気流(時速200キロ)の存在に気付いたのは、人類で初めて高度一万メートルを飛んで、東京の爆撃に向かったB29のパイロットたち。高度一万メートルを飛ぶことが出来た初めての航空機が、当時「未来から来た」と云われたB29。 (NHKBS『なぜ日本は…

珍味

「珍味」は英語で「デリカシー」。「デリカシーがないヤツだ」とかのデリカシー。(Eテレ「ボキャブライダー」)

塩は最古の貨幣形態

岩塩は最古の貨幣の形態。ソルジャー(soldier=兵士=岩塩輸送の護衛人)もサラリー(salary=給料)も語源はソルト(salt=塩)。(Eテレ「100分de名著/野火」)

モンゴル王様と彫り師

昔のモンゴルの王様は、優秀な彫り師にアリガタイお経の版木を彫らせ、版木が完成すると、その彫り師の右腕を切り落とした。(NHKラジオ)

蠅が手をすり足を擦る

小林一茶の俳句「やれ打つな 蠅が手をすり 足を擦る」の蠅は、手を擦り合わせて命乞いをしている。(「蠅が手をする 足を擦る」は誤記)(古語辞典)

宇宙と時空

宇宙の語源をひもとけば、「宇」は空間の意味をもち、「宙」は時間の意味をもつ。すなわち時空とは、宇宙そのものをあらわす言葉なのである。(Newton「時間とは何か?」)

リヒトフォーヘン

第一次世界大戦のドイツの撃墜王。赤く塗った飛行機を駆り、レッドバロン(赤い男爵)と呼ばれた英雄。24歳で撃墜された時、敵(連合軍)は、敬意を表して、戦場で丁重に葬った。(NHK『新・映像の世紀』) *「赤い彗星」のシャアのザクが赤いのはこの人…

四手類

サル科は「四手類」。四足動物ではなく、四つの手の動物。人間は「後ろの手」が「足」になった。「前足」が「手」になったのではない。(NHKラジオ)

時代劇の飯屋の正しい風景

髙田:木のテーブル、割り箸の入った筒、イスに腰掛けて食べる…そういう時代劇もありますよね。今回のドラマでは、きちんと床几で食事をしていましたね。 (※床几=背もたれのないベンチのようなもの)編集部:確かに、当時は床几やお座敷に膳を置いて食事す…

卍(まんじ)と瓢箪

卍(まんじ。ナチスの鉤十字ではない)は、瓢箪(ひょうたん)の蔓からデザインされたという説がある。瓢箪の蔓がモノスゴク繁茂することから、子孫繁栄を願うシンボルとして。(NHKラジオ)

脳にとって概念の理解は世界体験の一種

30種類の物理の概念(運動量やエントロピー、電流など)の何について考えているかを、脳をスキャンすることで判別できる。物理を学んだ教室も教授も学習速度もバラバラの学生たちが或る物理概念を理解するための脳領域が皆同じだということが判明したからだ…

宇宙ではすべてのものが動き続けている

"静止していると思っているときでも、実はわれわれは絶え間なく動いている。地球は、時速1,600kmで自転しながら、太陽の周りを時速10万kmで公転している。太陽系は銀河系の軌道を時速85万kmで公転し、銀河系は膨張する宇宙に乗るかたちで、秒速630km(時速約…

緑色

緑色はオーロラとしては最も一般的な色で、酸素の原子に電子が衝突することによって生じる。(『ニュートン』2016/12)

太陽とおとめ座

"太陽系を含むわれわれの銀河系は、おとめ座超銀河集団の一部だ。私たちの太陽は、その銀河集団の中の10兆個もの恒星のひとつにすぎない" (クリストフ・コッホ『意識をめぐる冒険』P201)