Cryptobiosis of Annatto60

アナトー・シキソのクリプトビオシス

抜き書き/切り抜き

重力場の中で光が曲がることを説明したアインシュタインの手紙

(マリオ・リヴィオ『偉大なる失敗』p298)

真の利他主義者

真の利他主義者なら贈り物はしない。なぜなら、真の利他主義者は自分が贈り物をする動機は、善行によって虚栄心を満たそうとしているのか、あるいはお返しを期待しているかのどちらかであることに気づくからだ。そして、後者の場合、不親切にも、贈る相手に…

氷河期の木と草

氷河期の真っ最中(二十万年から一万年前)は、地球の陸地の大部分は草原に覆われていた。高山や局地を覆う万年雪の中に水がどんどん閉じ込められて行くにつれ、海水面が下がり、気候は乾燥し、多雨林は小地域に縮まり、サバンナがそれに取って代わった。北…

地球の主は草

我々人間は草原地帯に棲む動物である。・・・今でもどこに住もうがそこを草原地帯にしてしまおうとしているのである。公園、芝生、庭、そして田園などはすべて多かれ少なかれ草のために管理されている。実際、リュー・コワルスキーが初めて示唆したように、…

スミスとT細胞の利他主義と利己主義

・・・スミスの理論は誤解を招きやすい。肉屋の動機は慈悲ではないかもしれないが、だからと言って冷淡で悪意ある行動というわけでもない。自己利益の追求は、利他主義の追求と同様に、人に対して悪意を示すこととは違うのである。▼スミスの見解と人間の免疫…

ウニの何?

軍艦巻きやウニ丼で人間が食べているオレンジ色のアレは、ウニの生殖巣(卵巣と精巣)。 (NHKラジオ)

「人」という呼称

「私たち」は互いに対する責任を負うが、「彼ら」に対する責任はない。「私たち」はもともと「彼ら」とは違うのだし、「彼ら」に全く借りはない。「彼ら」には「私たち」の縄張りに入ってきてもらいたくないし、「彼ら」の縄張りで何が起ころうが知ったこと…

帝国時代の遺産

現代文化の大多数で帝国時代の遺産が見つかる。今日、ほとんどの人が、私たちの先祖が剣を突きつけられて強制された帝国の言語で話し、考え、夢見ている。東アジアの人口の多くが、漢帝国の言語で話し、夢見る。アラスカ州最北端のバロー岬からマゼラン海峡…

ミツバチの巣の内乱

もしも働きバチに「巣箱の雄は誰が産むのがいいか」と尋ねれば、「自分、女王、他の働きバチ」と答えるだろう。これは血のつながりの濃い順だ。女王蜂は、14〜20匹の雄蜂と交尾して制止を混ぜ合わせる。故に、働きバチ同士はほとんどが、実の姉妹というより…

カツオノエボシ

カツオノエボシ(Physalia)は一個体の動物ではない。何千もの小さな個虫が集まって同じ運命を共有する群体なのである。コロニーを作るアリと同じく、各個虫は自分の位置と役割を心得ている。栄養個虫は働き手として食物を集める。触手個虫はいわば兵隊であ…

収穫アリの「手に負えない思春期」

アリゾナの収穫アリのコロニーでは、女王蟻は十五年から二十年生きる。最初の5年間、コロニーは成長し続け、やがて働きアリの数は約一万匹に達する。三年目から五年目くらいの期間に、コロニーは近くのコロニーを襲ったり、攻撃したりするので、その時期を「…

台風の右側と左側

( Yahoo! news)

エスニック料理

このグローバル化のうちで、特に興味深いの例が「エスニック」料理である。イタリア料理のトマトソース、ポーランドとアイルランド料理のジャガイモ、アルゼンチン料理の何十種類もあるビフテキ、インド料理の辛いトウガラシ、スイスの山盛りホイップクリー…

完全な書記体系と不完全な書記体系

シュメールの最初期の書記は、完全な書記体系(フル・スクリプト)ではなく不完全な書記体系(パーシャル・スクリプト)だった。完全な書記体系とは、話し言葉をおおむね完全に記録できる記号の体系を意味する。すなわち、詩歌を含め、人々が口にするものは…

方寸(ほうすん)

心。心の中。昔は、心は胸(心臓)の中にあり、その大きさが一寸四方だと考えられていたから。(三省堂ことわざの辞典)

ユナボマー

アメリカの有名な爆弾テロ犯「ユナボマー」の「ユナ(Una)」は、University and Airlineを縮めたもの。ユナボマーの爆弾テロの標的が大学と航空会社だったため。 (マイケル・サンデル『これからの「正義」の話をしよう』訳注より)

ドルフィン・クロール

ドルフィン・クロール:クロールよりも速い[人類最速の泳法]。上半身はクロール、下半身はバタフライ。欠点は、体力の消耗が激しく、腰への負担も大きいので、誰もまだ、ドルフィン・クロールだけで100メートルを泳ぎ切れないこと。ほぼ全ての参加選手がク…

オーロラ/太陽風/太陽フレア/磁気嵐

(1)オーロラは、太陽風が大気に衝突して光るのではない。太陽風は大気に衝突しない。磁気圏の発電で光るのがオーロラ。(2)太陽フレアは磁気嵐の原因ではない。コロナ質量放出が磁気嵐の原因である。(NHKラジオ「太陽フレアと宇宙災害」)

インフルエンザ・ウィルスになってみよう

インフルエンザ・ウィルスの大きさは100ナノメートル(10のマイナス7乗メートル)。人の子供の大きさを1メートルとすると、約1000万倍。 地球の大きさは直径13000キロメートル(13×10の6乗)で、子供の大きさ1メートルの1300万倍(13×10の6乗)。 つまり、インフル…

最上の牛

釈尊の姓または名である「ゴータマ(Gotama)」は「最上の牛」の意。「喬答摩」と音写する。(『ジャータカ全集1』注釈)

ゴリラの檻の隣に「展示」された人間

1906年、ニューヨークのブロンクス動物園でゴリラの檻の隣にアフリカのピグミーの男性、オタ・ベンガが「展示」されて大人気となった。彼はやがて自由の身になったが、二年後に自殺した。アメリカの暮らしになじめなかったのか、一文なしで故郷コンゴに帰る…

灯台下暗し

「灯台下暗し」の灯台は燭台(candlestick)のこと。lighthouseのことではない。 (三省堂「ことわざ辞典」)

エンドルフィン依存症

酒はエンドルフィンの大量分泌をうながす。アルコール依存症の人は、実際にはアルコールではなくエンドルフィンに依存する。(ロビン・ダンバー『人類進化の謎を解き明かす』)

尊厳の複数

「尊厳の複数」とは欧州の言語において国王などの高位身分者が自らを指す場合の一人称に複数形(Weなど)を用いる伝統。(WIRED)

「髑髏」の書き方

死(四)の釣り針に虫を刺し、 田中を串刺しにして女に食わせる あー骨、骨 (三木聡監督『イン・ザ・プール』)

大黒

大黒(だいこく)=僧侶の妻

喝(かつ)

「喝」は、もと禅宗で、死者に引導を渡すときに、大きな声をかけること。 (三省堂「ことわざの辞典」)

ゴーストフィッシング

海底でゴミになった漁具に魚が引っかかること。 (NHKラジオ)

鑑真の眼

鑑真(ガンジン)は、日本に来たときには眼が見えていた(日本に来てから鑑真が自分で書いた手紙が正倉院に残っている)。日本に居た晩年に眼が見えなくなった。(NHKラジオ)

ゆ党

50音での「や(野党)」と「よ(与党)」の間で、与党でも野党でもない、中途半端な位置の党という意味。 (東洋経済オンライン)