読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cryptobiosis of Annatto60

アナトー・シキソのクリプトビオシス

官報掲載料

官報に載る行旅死亡人の記事が短いのは掲載に料金がかかるから。一行(22文字まで)あたり918円。(NHK取材班『無縁社会』)

海面スレスレ飛行

ヒヨドリは、越冬のために海を渡るとき、海面スレスレを飛行する。天敵であるハヤブサの攻撃から身を守るためだ。(Eテレ「ピタゴラスイッチ」)

パレイドリア

【パレイドリア】意味のない染みや模様が、よく見知っているものに見えてしまう錯覚。たとえば、逆三角形を形成するように配置された点や丸を見ると、それが顔に見えてしまうようなこと。(Eテレ『シャキーン』)

行旅死亡人

【行旅死亡人】(こうりょしぼうにん)身元不明で遺体の引き取り手のない死者のこと。(NHKラジオ)

人生はわずか30年

「人生わずか40年」の江戸時代だが、農村部では更に「人生わずか30年」だったという研究報告もある。ちなみに戦前までの日本は「人生わずか50年」で、実は江戸時代とそれほど違わない。日本人の寿命が伸びたのは第二次大戦後。(NHKラジオ)

トランジット

「トランジットする」→天文学用語で、主星である恒星の前を惑星が横切ること。 (NHKラジオ)

交連状態

交連状態(こうれんじょうたい)発掘などで発見された骨が、その生物が生きていた時と同じ配置になっている状態。交連骨格。(NHKラジオ)

奈良から富士

富士山は奈良県からも見える。 (NHKラジオ)

ナミブ砂漠

アフリカのナミブ砂漠の「ナミブ」は、土地の言葉で「なにもない」という意味。 (Eテレ「0655/砂漠のトカゲ」)

被写体が背後

ヒラリーを無視して別の誰かに注目している悲惨な写真かと思いきや、全員自撮りしてるのな pic.twitter.com/p3IiYfFnYR— 0次郎 (@zerojirou) 2016年9月26日 *昔のSF映画が未来の社会の姿として決して描けなかったものが、今いくつか出現してるけど、この光…

キングジョーと戦ったセブンの中のヒト

キングジョーと戦った2回だけ、セブンの中に入っていたのは、後に帰って来たウルトラマンの中に入っていたキクチさん。 (『アオイホノオ』第10回のアンノのセリフから)

イサクとイエス

イスラム教徒の名前のひとつ「イサク」は、「イエス」のこと。(NHKラジオ)

傘と要石

アンブレラ種(アンブレラしゅ、英語: Umbrella species)とは、その地域における生態系ピラミッド構造、食物連鎖の頂点の消費者である。 アンブレラ種を保護することにより、生態系ピラミッドの下位にある動植物や広い面積の生物多様性・生態系を傘を広げる…

八木

大坂夏の陣のころ(前近代)、「米」は「八木(はちぼく/やぎ)」と書いた。(NHKラジオ)

ビーバーハットとシルクハット

シルクハットはビーバーハットの代替品。ビーバーハットは、ビーバーの毛皮で作った男性用の帽子で、19世紀に大流行し、乱獲されたビーバーが絶滅しかけた。(NHKラジオ)

カバは泳げない

カバは泳げない。カバが川底を歩いて水中を移動するのは、カバの体が水よりも比重が大きくて水に浮かばないから。(TBS「世界遺産」)

勝海舟と検校

勝海舟のご先祖(曾祖父)は検校(ケンギョウ)さん=オタニ検校。300文と杖一本持って、新潟から江戸に出て来て、大名屋敷の前で行き倒れたのが始まり。(NHKラジオ) *「検校」とは江戸時代に存在した盲人の最高位の名前。概ね高利貸しで、「仕置人」とか…

老人と若者とたんぱく質

70歳以上の老人が一日に摂取すべきなたんぱく質の量は、18歳の若者と同じ。(NHKラジオ)

満月に出産

満月に牛の出産が増えるという研究結果。(NHKラジオ) *夜にやってくる肉食獣の姿が見えやすくなって、出産中の自分や生まれたばかりの子牛を守りやすいから?

調味料の「さしすせそ」

調味料の「さしすせそ」は味付けをする(加える)順番のこと。因みに、それぞれ「砂糖、塩、酢、醤油、味噌」のこと。(NHKラジオ)

「姑息」は「卑怯」ではない

「姑息」は「卑怯」ではなく、「その場しのぎ」の意味。 「間が持たない」ではなく「間が持てない」

農具としての鉄砲

刀狩りがあったころ、権力者の度重なる要請にも関わらず、農民は決して鉄砲を手放さなかった。農民にとって鉄砲は、鳥獣害対策用の「農具」だったからだ。(NHKラジオ)

クレーター錯視

【クレーター錯視】「光源は上から来る」という人間の視覚認識の〈思い込み〉が作り出す錯視。火星のクレーターの写真を上下逆さまにすると、へこんでいるはずのクレーターが膨らんで見える例から。 (Eテレ「2355」)

繁殖遅延

【日本に棲息するツキノワグマの繁殖遅延】ツキノワグマは、夏に交尾し、冬の冬眠中に出産するので、見かけ上の妊娠期間は180日から200日だ。しかし、受精卵が着床して細胞分裂をしながら成長していく実質の妊娠期間は55日である。それまでの150…

スマホ用拡声器

■意外と家にある色んな物でみんな「スマホのスピーカー」に代用してた! - NAVER まとめ https://t.co/ztSGUXRuml ※わたしは花瓶というか壺みたいやつでした— 蛮人S (@Banjin_S) 2016年8月16日

卓球界の伝統

「10ー0」になったら、1点サービスするおかしな伝統があるんですよね、卓球界。別にやらなくてもいいんですよ(笑)。でも、やる選手は多いです。 (NHK中継)

卓球のユニフォームの色

世界の卓球のルールでは、白いユニフォームは禁止。ボールが見え難くなるので。ただし、日本ではOK。(NHKラジオ)

田鶏

中国では蛙のことをデンチという。デンチすなわち田鶏、田圃の鶏である。ぶつ切りにしたのをフライにして食べる。(伊丹十三『女たちよ!』)

フォードと肉牛

自動車王フォードは、肉牛を解体する流れ作業から着想を得て、自動車製造のオートメーション化を実現した。流れ作業で牛はバラバラにされ、自動車は組み立てられる。(NHKラジオ)

経木

経木(きょうぎ)専用の鉋機械で、アカマツを薄く削って作る。魚の切り身やオニギリなどを包むのに使う。殺菌効果と水分を吸収する効果がある。 (テレビ東京「和風総本家」)

ネイティブアメリカンと馬

西部劇などでよく見る「馬に跨がり荒野を走るインディアン(ネイティブアメリカン)」だが、スペイン人が持ち込むまで、アメリカ大陸に馬はいなかった。

たけのこ生活

【たけのこ生活】 皮を一枚ずつはいでいくように、少しずつ売り食いすること(新明解国語辞典)

蚊取り線香の煙

蚊取り線香の煙には、蚊を殺す成分は含まれていない。線香の燃える熱で温められてはいるがまだ燃えてない部分から出てくる揮発性の成分(ピレトリン)が蚊を殺す。 (NHKラジオ「植物の不思議なパワー」)

ヘビ毒の解毒剤

(ヘビ毒の)解毒剤を作るには、一般に少量の毒液を動物に注射し、免疫反応によって生じた抗体を集めて精製する。ヘビの種類が異なれば、それぞれのヘビ毒に合わせた解毒剤が必要になる。万能解毒剤は存在しない。 (日経サイエンス2016年2月号)

夢の上映時間

平均寿命まで生きた場合、人間は、6年間は夢を見て過ごすことになる。 (Eテレ「モーガン・フリーマン 時空を超えて」)

後天性サヴァン

ジェイソン・パジェット(アメリカ)は、風景の全てに、図形と数式が見える。強盗に右後頭部を殴られたことで、「後天性サヴァン」になったのだ。ジェイソンの脳は、左頭頂葉が活発で、右脳は〈死んで〉いる。片脳しか活動しないのはサヴァンの特徴。(民放…

光合成の発見

プリーストーリーは実験で、植物からはネズミを生かし、ろうそくの火を燃やし続けるナニカ(それが酸素だとは知らなかった)が出ていることを突き止めたが、太陽光の役割に気付いてなかったため、暗闇で追試した者たちから嘘つき呼ばわりされた。その後、イ…

クライネ・レヴィン症候群

【クライネ・レヴィン症候群】眠れる森の美女症候群。100万人に2人程度の稀な症例。いったん発症すると、一週間から数ヶ月眠り続ける。原因は不明。イギリス人女性ベス・グーディアは16歳で発病。2016年時点で22歳。発症時に、言動の幼児化や、記憶の混乱が…

差し入れ屋

東京拘置所の門の外には「差し入れ屋」がある。(森達也『東京番外地』)

セオドア・ホール

【セオドア・ホール】アメリカの独走を食い止めるために、ソ連のスパイになった若きアメリカ人核兵器開発者。「マンハッタン計画」の研究拠点=ロスアラモス研究所の最年少メンバー。アメリカ一国だけが強力な核兵器を持つことで世界のバランスが崩れると考…

ヒーローラット

【ヒーローラット】地雷を探し出すように訓練されたアフリカオニネズミのこと。体重が軽いので、地雷に乗ったとしても地雷が爆発しない。 (テレビ)

グアカモーレ(Guacamole)

音フェチにはたまらない動画 pic.twitter.com/NoACPPiCbt— コトキル (@e_fguna) 2016年7月3日 そう、映像よりも音。

新約聖書の最も有名な誤訳

『新約聖書』の最も有名な誤訳は、イザヤ書が、乙女を指すヘブライ語(almah)を、処女を意味するギリシャ語(parthenos)に変えてしまったことである。〜このひとりの翻訳者の誤りが大きく膨らんで、イエスの母親が処女だったというまるっきり馬鹿げた伝説…

カシューナッツ

カシューナッツもマンゴーもウルシの仲間。カシューナッツは火を通さず食べるとひどいカブレを起こす。 (船山信次『毒があるのになぜ食べられるのか』)

土壇場

「土壇場(どたんば)」は、今では「絶体絶命のギリギリの情況」というような意味で使われているが、本来は(首を切り落す)処刑場のこと。使用例/「不義密通は土壇場送りだ……」(新必殺仕置人)

音楽アルバム

【レコードやCDの「アルバム」】かつて、SP盤レコードを何枚も本のように綴じた文字通りのアルバムが存在した。今、複数の楽曲を収録したレコードやCDを「アルバム」と呼ぶのはその名残。 (ピーター・バラカン/NHKFM「ウィークエンド・サンシャイン」)

ボツリヌス

ボツリヌスとはラテン語でソーセージのこと。ボツリヌス菌の名前の由来は、嫌気性菌で、酸素の存在しないソーセージのような密閉された加工食品の中で生育するため。 (船山信次『毒があるのになぜ食べられるのか』)

ネズミの嘔吐

人間は中毒症状を起こすと吐くことがあるが、ネズミの仲間は、そもそも吐くことが出来ない。 (船山信次『毒があるのになぜ食べられるのか』)

トカマク

【トカマク】摂氏3億度まで熱した水素原子同士を秒速1600キロメートルで衝突させて核融合を起こす装置。「超新星」の仕組みが調べられる。 (Eテレ「地球ドラマチック/星」)

クサイ食べ物のクサイ指数

【クサイ食べ物のクサイ指数】シュールストレミング(ニシン塩漬け)(スウェーデン)8070ホンオ・フェ(エイの刺身)(韓国)2730焼きたてのクサヤ(日本)1267鮒寿司(日本)486納豆(日本)352*研究者のクサイ靴下 187 (船山信次『毒があるのになぜ食べ…