読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cryptobiosis of Annatto60

アナトー・シキソのクリプトビオシス

抜き書き/切り抜き 映画・DVD

Eテレでやってた『哲子の部屋』で取り上げられていた『恋はデジャ・ブ』を見たいなあと思って、近所のレンタル屋に行ったらなかった。それはそれとして、原題『Groundhog Day』の意味が分からずネットで少し調べてみたら、「groundhog day」とは「マーモットの日」だという。いやいやいや、マーモットの日が分からない。

で、もうちょっと調べてみたら、その日は2月2日(映画の中で繰り返される日付だ)で、更に調べたら、どこかのダレカのブログの昔の投稿にこうあった。

"今日、2月2日は・・・!
マーモットの日ヽ(♥∀♥ )ノ
ムリヤリ日本語に訳してしまいましたが、英語では『Groundhog Day』と言い、今日、2月2日はグラウンドホッグ(マーモット)を使った春の訪れを予想する天気予報のイベントが行われます。

この行事の起源は、ハリネズミ(hedgehog)を対象にしたドイツの俗信が直接の起源だと言われているようです。それが19世紀のアメリカにおいてドイツ系移民の間でも行われるようになり、ハリネズミがアメリカにはいないので代わりにグラウンドホッグを予報に使うようになったとか^^

現在アメリカで『Groundhog Day』で最も有名なのは、ドイツ系移民が多いペンシルベニア州のPunxsutawneyと言う場所。ここでは1887年に地元新聞編集者の発案で始まったグラウンドホッグによる天気予報の大イベントが例年行われています。

では、どうやってグランドホッグちゃんが天気を予報するのか?

グランドホッグの天気予報は古代ヨーロッパの冬眠していた動物が早く目覚めすぎると、自分の影を見て驚き、ふたたび巣穴に戻ってしまうという言われに基づいていて、2月2日が晴れていて、冬眠から目覚めたグラウンドホッグが自分の影を見て驚き、巣穴に戻れば冬はあと6週間続く

2月2日が曇っていて、グラウンドホッグが自分の影を見なければ春は近いと、予報されます。 "

引用終わり。

ナルホド。でも、もしかしたら、映画を見れば簡単に分かったことなのかも、と今思った。

 

引用元のどこかのダレカの昔のブログ記事↓

今日はGroundhog Day(マーモットの日)♪ - Kicking ☆アメリカ ・ニューヨークライフ - Yahoo!ブログ