Cryptobiosis of Annatto60

アナトー・シキソのクリプトビオシス

 


Yahoo!ニュース - 「餃子の王将」、なぜ本場中国で失敗したのか (東洋経済オンライン)

中国で餃子は主食として食べるので、皮がとにかく分厚くてしこしこしている。日本では、餃子の皮はあくまでも中の具を食べるためのサポート役だが、中国では逆で、餃子の中の具は、皮を美味しく食べるためのサポート役という位置づけなのである。

 

王将が中国でどうだったかなんてどうでもいいんだけど、餃子が皮を食べる料理だったとはね。ということは、水餃子って、要するに、麺を長く伸ばさないで、平たく広げて具を包み込んだ、内と外を逆転させた料理なんだなあ。