読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cryptobiosis of Annatto60

アナトー・シキソのクリプトビオシス

「オマエのような男を、俺の所じゃ草野球のキャッチャーっちゅうんじゃ。分かるか?!」
「いいえ…」
「ミットもないっちゅうこったい!」

(『幸せの黄色いハンカチ』)