Cryptobiosis of Annatto60

アナトー・シキソのクリプトビオシス

何ヶ月か前に「発見」して、それ以来毎週録画して観てるEテレの「しぜんとあそぼ」という小さい番組がある。今週は「ひがたのとり(干潟の鳥)」で、名編だった。まず、泥ごと餌を食べるカニが、餌を取り出したあとの泥を両手(というか両のハサミ)で丁寧に口元から取り除けて、足下に置くという動作にクラっと来た。そして次に、ハマシギという鳥が捕まえたカニを横取りしようと猛チャージを掛ける白千鳥の「シロチドリヨコドリダッシュ(勝手に命名)」にシビれた。最後に、止まり木にしようと、海上に突き出た何本かの棒を順番に取り合うユリカモメの群れの振る舞いにフラフラした。

変な解説とか、問題提議とか全然なくて、その辺にある小さい自然をじーっと見てる感じがスゴく和む。いい番組。

2014/12/07 アナトー・シキソ