Cryptobiosis of Annatto60

アナトー・シキソのクリプトビオシス

時代劇の飯屋の正しい風景

髙田:木のテーブル、割り箸の入った筒、イスに腰掛けて食べる…そういう時代劇もありますよね。今回のドラマでは、きちんと床几で食事をしていましたね。

(※床几=背もたれのないベンチのようなもの)
編集部:確かに、当時は床几やお座敷に膳を置いて食事するのが一般的だったわけですから、『みをつくし料理帖』の描写のほうが現実なのですね。先生も、原作ファンの皆さんも、床几に腰かけての食事シーンをイメージされてきたわけですから、そこはきちんと作られていた、と。
髙田:はい。それから、燗徳利も後世に登場したもので、当時は一般的に『ちろり』が使われていたわけです。ドラマではそれも再現されていて、ありがたいです。 

 

 

www.nhk.or.jp