Cryptobiosis of Annatto60

アナトー・シキソのクリプトビオシス

締めのラーメンを食べたくなる理由

肝臓が食べたものを糖に分解することで血糖値が上がる。血糖値が上がると満腹感を覚える。酒宴の前と最中で血糖値を測ってみると、酒宴の最中の方が血糖値が低い。これは、肝臓が飲んだアルコールの分解を優先して、食べた物の分解を後回しにするためだ(アルコールは分解されても糖にはならない)。肝臓がアルコールを分解している間は血糖値が上がらず、酒宴直後は「一食抜いたような感覚」になるので、どうしてもラーメンなどを食べたくなる。もちろん、酒と一緒に食べて分解を「後回し」にされた食べ物もその後分解されて、血液の中に糖が出てくるので、締めのラーメンは「糖の二重取り」になってしまう。 (『ためしてガッテン』)