Cryptobiosis of Annatto60

アナトー・シキソのクリプトビオシス

ショパンの「別れの曲」

1930年ごろに作られたドイツ映画『別れの曲』で使われたのが、ショパンの所謂「別れの曲」。この映画が日本でも公開され人気を博したので、日本人だけが「勝手に」ショパンのこの曲を『別れの曲』と呼ぶようになった。なので、外国でショパンの「別れの曲」と言っても、通じない。本当の名前は「練習曲第3番」。


Eテレ『CLASSIC TV』)