Cryptobiosis of Annatto60

アナトー・シキソのクリプトビオシス

アルミホイルの裏表

アルミホイル(アルミ箔)は製造の最後の工程で「二枚重ね」て薄くのばす。そうすると、アルミホイルとアルミホイルの合わさっている側が「でこぼこ」になって「つや消し状態」になり、プレス機のローラーに触れている側が「ツヤツヤ」になる。商品になるときは、重なった二枚を剥がして、それぞれロールに巻き取るので、我々が手にする[商品としてのアルミホイル]には、ツヤツヤの側とつや消しの側の「裏表」ができる。メーカーの人が言うには、「ツヤツヤ」と「つや消し」のどちらも機能的には違いがないので、どちらが裏でも表でもない。だから、使用の際はアルミホイルの「裏表」は気にしなくていい。

 

NHK『チコちゃん』)