Cryptobiosis of Annatto60

アナトー・シキソのクリプトビオシス

貪り食われるヘンリー

イレイザーヘッド』の当初のシナリオでは、主人公のヘンリーが赤ん坊にむさぼり食われて終りだった。しかし、映画制作中の5年の間に、LynchがTMで精神的に目覚めたために「ラジエーターの淑女」が第3のキャラとして登場し、完成した映画はあの終り方になった。

 

(『Room to Dream』より)